表紙 → 物語

期待

2006/12/11

こころ奥深くに刻み込め。
期待するな。一から十までいっさいがっさい期待するな。
善意も笑顔も接触も、ただそれのみを享受せよ。覚悟せよ。心せよ。その向こうを期待するな。

何度も何度もつぶやいた。期待してはいけない。
あの人が見ているのはわたしじゃない。
わたしとは、ただ、すれちがっただけ。

でも、期待さえ、しなければ、ただ今のみを、味わうならば
(ひたされ みたされ)
ああ それは とても とても
 
 
 

期待するな、とわたしはもう一度つぶやいた。