表紙 → 物語

不変

2004/8/1

変わるのは、嫌だ。
みんな変わってしまうことに、ためらいなんて感じていないのだろうか、 再開したときには、いともたやすく、変わっている。素敵に、綺麗に、わたしを置いて。
懐かしさに僅かでも後悔が漂う人がいるのなら、せめて、わたしは、変わらない。
そして変わらないわたしに平穏を見出したなら、ほんの少し、それを下さい。
ほんの少しでいいから。

成長はしたいと思う。けれど、それに伴うものが喪失だというのなら。
変わって欲しくないと思う。けれど、変化こそが不変だというのなら。