表紙 → 物語

同性

2004/2/21

 その人と同性で良かった、とそう思う。
 わたしはその人に対し様々な形の好意を抱いていて、もしわたしとその人が異性なら、その好意はきっと恋心と名前を変えるだろう。だから、同性で良かった。
 その人は、わたしには手の届かない、手に入らない人だから。どんなに努力しても(そもそも努力なんてするものかどうかもわからないけれど)、わたしの手のひらに残るのは絶だとか失だとか、そんな漢字まじりで表現される気持ちばかりだろう。
 同性なら諦めがつく、というより男と女の方法で、なんて思いもしない。そうして今でも心を寄せていられる。
 手に入らないならいっそ壊してしまえ、というのはきっと正しくない。本当は、こう言いたいのだと思う。
 手に入る可能性なんていっそゼロならいいのに、と。

 斜めから見て幸福に見えるなら、わたしはそれでいい。