表紙 → 物語

逃道

2003/10/19

「常識にとらわれた考え方をしたくない」
 それは私の虚勢が言い放った言葉なのだけれど、私の師匠(だと私が勝手に思っている人)はやさしくそれを否定した。
「何かを否定するには、それをよく知らないといけない。常識にとらわれない考え方をする人は、『常識とは何か』なんて考えはしないものよ」
 個性もまたしかり、と師匠はそう言った。
 結局私はいつもとらえられていて、逃げ出せない逃げ出せない。
 逃げ出そうと思わないことが唯一の逃げ道。
 逃げたい、のに。