表紙 → 物語

唯ひとつ

2003/6/16

 それらはたった、ひとつ、唯一つ。だから、捨てられない。
 例えば旅行先でもらった観光名所のパンフレットであるとか、授業中にこっそり落書きしあったノートの端だとか、割れて使い物にならなくなった陶器のキーホルダーだとか、そういったもの。捨てられない。たった一時だとしても共に行動し、わたしの思い出が残っているものたち。DNAが一緒だとしても、わたしはその人とは違うように、同じものは、ひとつたりとてない。二度と手に入らないから捨てられない、と言うのとは少し違う。それらにわたしの思い出と言う記憶、わたしの一部が残っているように、わたしの中にもそれらの一部が宿っている。それらは何物にもかえられない。それらはたった、ひとつ、唯ひとつ。だから、捨てられない。